転職活動の時のナースの友達と洗濯機の話

友達と洗濯機の話でちょっとだけ盛り上がりました。その友達は看護師として転職活動をしている時に知り合ったんです。
友人は全自動派で、更に乾燥機能付きの物が欲しいそうです。
私は現在全自動を使用しているものの、置く場所があれば出来れば二層式にしたいと思っています。
くだらない話なんですが、全自動と二層式であーだこーだと話をしました。

友人いわく、全自動のメリットは"節水"が出来る事なんですよね。
確かに全自動は水を使う量が少ないため水道代が掛からないと言います。
でもじゃぁ二層式ってどのくらい水を使うのか?と言うと、これはお互いに知らないんです。
私も友人も二層式を使った事がありますが、その時は自分で家計をやりくりしていた分けではないんですよね。
なので実際問題どのくらい節水できるかが分からないので取り合えず節水に関しては保留。
今度私の母に、どのくらい水を使う量が変わったのかを聞いてみたいと思います。

また友人は"自動"である事のメリットを挙げます。全自動なら洗濯機を回している間に外出も出来ると。
うーん、これは確かにそうですよね。
二層式は洗う・すすぐ・脱水するを手動で行なう必要があるので家に居ないと洗濯が出来ません。
でも私の場合、今現在全自動洗濯機でも外出中に回すという事が皆無なので、例え二層式になっても不便は感じないと思いますが。
この点については人によってメリットと感じる人も居るでしょうし、私のように関係ないという人も居るのでしょうね。

で、私にとって全自動の一番のデメリットと思っていた柔軟材のタイミングですが・・・・これ、柔軟材を自動投入出来るようになっているようですね、全く知りませんでした(汗)。
知らなかったので柔軟材を入れるタイミングをいつも逃してしまうので、仕方なく柔軟材入りの洗剤を使用していました。
これまで15年くらい全自動を使って来たのに知らなかったとは恥ずかしいです。
友達にも笑われてしまいましたが、本当にかなり恥ずかしい~。
でもそういえば柔軟材投入口と書かれた所があるんですよね、一度も使った事がないですが。
私の全自動でも出来るはずと言われたので、明日チャレンジしてみようと思います。

取り合えず説明書はちゃんと読まないとダメですね。
見ただけで使えそうな物は説明書を開く事なくいつも捨ててしまっていました。
という事は今家にある家電製品の中には、実は知らなかったとても便利な機能があるのかもしれません。
知らないがためにムダな手間を掛けているものが他にもあるかもしれないんですよね。
もう説明書がないので今更どうしようもないんですけどね・・・・・。

このブログ記事について

このページは、るいが2013年2月 4日 11:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カロリーは控えめに」です。

次のブログ記事は「絶品のキムチ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。