労働時間はどれくらい?看護師の気になる話

労働時間って聞くと大体みんな「8時間」って考えると思います。
まあそうですね。アルバイトでもなんでも、大体のところは拘束9時間で実働8時間って感じだと思います。
もちろん残業があったりすることもあるでしょうけど、概ねこの時間が守られているんじゃないかな?

ところが、看護師さんはそうはいきません...。
シフトで労働時間は決まっているけど、残業することのほうが多いっていいます。というか残業前提になっちゃってるところもあるみたいです。
看護師さんが過労になっちゃうのもなんとなく理由がわかる気がしてきます...。

さてさて、じゃあ看護師さんって実際どんな感じで働いてるんでしょう?
夜勤がある病院ってことで仮定してみてみましょう。クリニックみたいな小さいところは除外します。
夜勤がある病院の場合、大体は三交代制か二交代制のシフトが組まれています。
三交代制の場合は、24時間を3で割って大体8時間くらいの時間が労働時間として割り振られます。ですが、人員不足や忙しいのもあってかほとんどの人は定時から大体1~2時間くらいは残業するって言われています。
また、二交代制の場合は日勤と夜勤の時間がその病院によって違ったりします。概ね日勤は8時間、夜勤は16時間となっているようですね。16時間...そんなに働けない...って思う人もいるかもしれませんね。
あ、もちろん休憩をちまちま挟んでます。なのでそこまで疲れることもないって言いますよ。実際私も友達も三交代より二交代のほうがいいって言ってましたしね。

小規模な病院になるとほとんど残業もないところもあります。
それでもやっぱり多くの病院では残業当たり前の看護師さんがたくさんいるわけです。
病院の人員不足が解消しない限り、大きな病院の看護師さんが定時で上がる、なんていうのは夢のまた夢のお話なんでしょうね。
まあイレギュラーな勤務先として刑務所とかもありますが例えば刑務所の看護師の待遇などはコチラです。
当然ですがいろんな職場がありますわね。

このブログ記事について

このページは、るいが2013年10月18日 17:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「眼科医から内科医へ転科、レーシック眼科が人気?」です。

次のブログ記事は「おなべ!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。