2017年7月アーカイブ

ヨガとマラソン

最近はヨガのブームの横でマラソンをはじめる人も多いです。

ヨガやランニング人口が増える一方で、特に初心者の間で心配されるのは
運動中のケガや体調不良ですね。
たとえば高い柔軟性が求められるヨガでは、手本どおりのポーズを行おうと無理に体を伸ばして
筋肉や関節周囲を傷める人も多い。

ヨガ講師を務めた骨盤調整ヨガ創始者の高橋由紀氏は、
「柔軟性が足りない体で無理に伸ばすことが正解ではありません。まずは正しい姿勢で、優先的に伸ばしたいパーツを意識しながら動くことが大切。一つひとつの動作の質を高めてほしい」
といいました。

(ところで、骨盤調整ヨガ創始者なんだね、この方・・・)

ポーズを行う際、事前に足元をほぐしておくとよい、とか。
「まずは足の裏全体をほぐし(竹踏みグッズなどを利用してもよい)、
次に足の指、足首をそれぞれ10回程度、内回し・外回しをゆっくり行う。

すると体が温まり、緊張もほぐれてポーズを行いやすくなります。
また、動作の際はゆっくりと呼吸を続けること。

呼吸が速くなったり、息が止めたりすると体は余計に緊張します。
体調を崩す人もいるので注意してくださいねー。

ヨガとマラソン、実は私もしています。
楽しいですよー。
ただし、ケガには注意しないとね!

このアーカイブについて

このページには、2017年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年6月です。

次のアーカイブは2017年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。