予約確認書

海外ホテルからの予約確認書ってのがあって、入国のときにそれがないと面倒なことになったりする。
なので絶対あった方がいいけど、ない場合は?
その国によって違うけど、なんとかあるように偽装でも持っていくべきだ。

ツアーの場合、原則として各コース毎に表示されたホテルグレードのホテルを用意してくれるけど、
場合によっては表示されたグレードよりも高いホテルになる場合がありますね。

主にヨーロピアンスタイルのホテルでは、部屋ごとの調度品や部屋自体の広さが異なったり、
ミニバー、冷蔵庫、テレビなどが備え付けられていない等の設備の面で機能性にかける場合もある。

ホテルの名称はホテル側の都合により変更の場合もある。
ホテルによっては異なるタイプの部屋(部屋の向き、広さ、調度品等)を同グレードとしている為、
同じツアーのお客様に同一タイプのお部屋をご用意出来ない場合も。


国(地域)により、その法律又はホテル毎の営業規則により、
未成年(保護者を伴わない18歳未満)のみでの旅行、
及び宿泊が禁止されている場合があり、
未成年者のみでのご旅行はお受け出来ない場合もある。

こういうことを、あんがい知らないようですね。

慣れてきたらわかるけど、最初はこういう情報もちゃんと頭に入れておくべきですーー。

このブログ記事について

このページは、るいが2017年11月 1日 04:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ADHD、おまえもか。」です。

次のブログ記事は「ツイッター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。