ファシネーター

ファシネーターというのは、イギリス王室の公式な場所で女性がかぶるものです。
なんだか面白い帽子だな、って思ったらそれはファシネーターですね。
でもあれって伝統的なものだし、あのなかでも流行や好みがあって面白いですよ、みてると。
あれをしなくてはいけないのは公式な場所だけなので、そこに躍起になってオーダーしてファッションを競う(?)んです。
誰もが自分のが一番素晴らしいと思ってるのでしょうけど。

似たようなものはイギリスの帽子やさんや、リサイクルショップでも見ることが出来ます。
奇抜なので、一度つけたらもう二度とかぶらないでしょ?
一般人も同じで、パーティなどの時は作ったり買ったりするけど、二度とかぶれないから、そういうところにl寄付するんですよ。
そこのを買ってまたかぶり、また差し上げてしまう、、この繰り返し。
チャリティーでやってるお店にとってはいいですね。

そこに王室の人がかぶったものや、セレブがかぶったものはないでしょうけど、
そうえな王室の人、セレブの人ってあういう一度かぶったファシネーターや奇抜な衣装ってどうしてるんだろう?
相当な数ですよねーー。
専用のお部屋とかマンションとかがあるんだろうねー。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、るいが2020年11月 1日 19:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「見た目?」です。

次のブログ記事は「家では・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。