オンラインが横行

なんでもオンライン、オンライン、な時代で、コロナ渦がおさまってもオンラインは残っていくと思う。
でもね、やっぱり対面でしか伝わらないこともあるんですよね。
そういうことはどうしても対面で、または相当な工夫をしたうえでオンラインでやるしかない。

水泳なんてオンラインでどうやって教えるのだ。
相手はプールで、こっちはお風呂か?
お風呂が狭い場合は泳ぐなんてできない、いや、相当広くなくてはできないぞ。
けっきょくこういうのだってそこに言ってしなくちゃ出来ないんだ。

自宅ワーク、というが、現場仕事はどうしたらいいのだ。
家を建てるってのに、オンラインで大工が家を建てられるわけないじゃないか。

オンラインの横行はいいが、そればあkりになるのは怖い。
そんなことになったのもコロナがあったからだけど、そしてそれを「コロナのせい」とも言わないけど、
「コロナのおかげ」で、分かったことも多かった、ってことで終わらせてほしい。
あんまりオンラインの需要が多くならないことを願います。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、るいが2021年1月 1日 19:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家では・・・」です。

次のブログ記事は「外国人が驚くこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。